ゴキブリ駆除について - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > よくある質問 > ゴキブリ駆除について

FCCコーキング剤とはどのようなものですか。

2012年03月31日 [記事URL]

FCCコーキング剤とは、FCCグループ会社で製造・販売しているオリジナルの駆除クリームのことです。ゴキブリの好む餌や誘引物質に、脱水症状を起こさせるホウ酸を混入させています(人体やペットには安全です)。
これを食べたゴキブリは、およそ2週間以内、卵からふ化した幼虫を含めると約1ヶ月で駆除されます。
このコーキング剤は、局所的に使用するものですので、薬剤をむやみに散布する方式と違い、安全で環境にやさしい画期的な施工方法です。



ゴキブリの害について教えてください。

2012年03月30日 [記事URL]

ゴキブリは細菌やウィルスの配達人と言われています。
その中でも特に現在可能性が大きいのは食中毒原因菌 であるサルモネラ菌の媒介でしょう。
それ以外にも赤痢菌、小児麻痺ウィルス、スタフィロコッカスなどもあり、最近では胃ガンの引き金とされるピロリ菌もゴキブリの糞を媒介して人から人へと感染している可能性があると言われています。



ゴキブリが活動的になる前に・・・

2012年03月27日 [記事URL]

週末は雨が続きましたが、だんだんと気温も上がってぽかぽかしてきました。

春が近付いてきてうれしいですが、同時にそれはゴキブリにとっても、活動しやすい時期になってきたということになります。

ゴキブリはだいたい気温18℃~32℃ぐらいの気温を好みます。今ぐらいですと、ちょうど日中の一番暖かい時間帯の気温(15℃~18℃)が該当しますね。そろそろゴキブリたちの活動が活発になってくるんじゃないでしょうか?

ゴキブリが活動し始め、店舗内やご自宅に被害が出る前に、今一度ゴキブリの習性と各々の周辺環境を見直して見ましょう。

【ゴキブリの特徴】
ゴキブリは高湿度・暗所・狭小・温暖な所を好みます。高温多湿のうえ、餌となるものがあればゴキブリ達にとってそこは最高のすみかでしょう。

とある飲食店の厨房のコンセント付近です。このように狭くて暖かい場所にわらわらと群がります。

コンセント.jpg

またゴキブリは集合性というたくさんの仲間と暮らしたい欲求が強くあり、仲間といることで成長までもが早まります。成虫・幼虫ともに一緒の場所に生息しており、これはゴキブリだけが行うゴキブリだけの特徴と言えます。

この特性からみて、巣から駆除をしてしまえば親子ともに一気に退治する事ができるということになります。

また、ゴキブリは夜行性なので、屋内にいても夜のうちに出てくることが多いようです。加えて人の気配が嫌いですから、夜に活動するのはうってつけであると言えます。

他に、ゴキブリには羽が付いていますが、上手く飛ぶことが出来ません。基本的には徒歩です。そののスピードは、なんと時速300kmも出ることがあるそうです。直接退治しようにも逃げ足の速さには勝てませんね。。。やはりコーキング剤を使用して、でじわじわと数を減らしていったほうが、追いかけっこで1匹ずつ駆除するよりもずっと確実ですね。

【ゴキブリの食事】
みなさんご存知のとおり、ゴキブリは何でも餌にします。人間が食べる物はもちろんのこと、髪の毛や垢や大便などの老廃物、紙や糊、自分達の糞などなど、数えるときりがない位何でも餌にしてしまいます。共食いもするので、仲間の死骸をむさぼるというおぞましい光景が、日夜どこかの片隅で繰り広げられているかと思うとゾッとしますね。

また、餌が無くても1滴の水でも何日かは生きていられます。さすがは生きた化石、といったところでしょうか?

gomi.JPG

これはあるお店の什器下一帯にたまっていたストロー、プラコップなどです。煙草の空箱もありますね。これらすべてゴキブリの餌になります。食べ放題のようですね。。。

ゴキブリを出さないためには、このようなゴキブリが好む環境の、まったく逆の環境にしてしまえばいいのです。大変だとは思いますが、日頃から清掃を心がけ、整理整頓も忘れずにしましょう。また、外部からの侵入を防ぐ為に、使わない場合は排水口の蓋を閉めておきましょう。

店内や室内が清潔に保たれていればゴキブリは住み辛さにストレスを感じて、おのずと住み付かなくなるでしょう。

人間よりも歴史が長い生物ですから、駆除にも時間と手間がかかります。ですが日頃のちょっとしたことを気をつければ、いなくなるのも確実ですので、根気強く防除・駆除をしていきましょう。



ゴキブリ以外の害虫の駆除も行っていますか。

2012年02月21日 [記事URL]

はい、行っています。カ・ハエ・チョウバエ・アリ・ダニ・ネズミ等ほとんどの害虫の駆除ができますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



ベイト剤とはどのようなものですか。

2011年09月13日 [記事URL]

ベイト剤とは、業務用に市販されている駆除クリームのことで、有効成分はホウ酸やヒドラメチルノンが代表的なものです。 このベイト剤を補助剤として使い分けることにより、ゴキブリの食べ飽きを防ぎ、駆除効果をより一層高める事ができます。
FCCコーキング剤と同じく、局所的に施工します。



他社とどこが違うのですか?

2011年09月13日 [記事URL]

FCC Systemに似た様なやり方の業者で駆除してもらっているのですが、最近ゴキブリが頻繁に出始めています。FCC Systemのやり方は他社とどこが違うのですか?

ゴキブリはコーキング剤を食べると一般的に脱水症状を起こします。
そのため水を求めて排水溝・排水槽などで死んで いきますので、フロアーやお客様の目に付くところで死ぬことはほとんどありません。



コーキング剤を食べたゴキブリの死骸はどうなりますか。

2011年09月13日 [記事URL]

ゴキブリはコーキング剤を食べると一般的に脱水症状を起こします。
そのため水を求めて排水溝・排水槽などで死んで いきますので、フロアーやお客様の目に付くところで死ぬことはほとんどありません。



施工後、しばらくたってから外部よりゴキブリが入って来た場合は?

2011年09月13日 [記事URL]

当社の場合、約1年間効力が持続するコーキング剤を併用していますので、外部から入って来たゴキブリもコーキング剤を食べて次々に死んでいきます。



当店は雑居ビルの中に入っていますが、駆除することができますか。

2011年09月13日 [記事URL]

もちろん駆除することができます。
雑居ビルの中の店舗の場合、ビルごと全て駆除しなければいなくならないと誤解されがちですが、ゴキブリは店舗ごとにテリトリーを持っています。
他の店にゴキブリが出ていたとしても、貴店のゴキブリはしっかり駆除することが出来ます。



契約期間中に万が一ゴキブリが再発生したらどうなりますか。

2011年09月13日 [記事URL]

まずご心配は必要ないと思いますが、そのようなことがあれば当社で責任を持って対処し、再びゴキブリ0(ゼロ)にするまで何度でも足を運び、対応させて頂きます。




 1  2 


私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164