よくある質問 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > よくある質問

よくある質問

FCCコーキング剤とはどのようなものですか。

2012年03月31日 [記事URL]

FCCコーキング剤とは、FCCグループ会社で製造・販売しているオリジナルの駆除クリームのことです。ゴキブリの好む餌や誘引物質に、脱水症状を起こさせるホウ酸を混入させています(人体やペットには安全です)。
これを食べたゴキブリは、およそ2週間以内、卵からふ化した幼虫を含めると約1ヶ月で駆除されます。
このコーキング剤は、局所的に使用するものですので、薬剤をむやみに散布する方式と違い、安全で環境にやさしい画期的な施工方法です。



ゴキブリの害について教えてください。

2012年03月30日 [記事URL]

ゴキブリは細菌やウィルスの配達人と言われています。
その中でも特に現在可能性が大きいのは食中毒原因菌 であるサルモネラ菌の媒介でしょう。
それ以外にも赤痢菌、小児麻痺ウィルス、スタフィロコッカスなどもあり、最近では胃ガンの引き金とされるピロリ菌もゴキブリの糞を媒介して人から人へと感染している可能性があると言われています。



超音波の駆除器を取り付けたのに、ねずみが根絶しない!

2012年03月20日 [記事URL]

ねずみ駆除関係でよく見る質問です。

超音波はねずみにとってとても嫌いな音なので、設置した時は効果があります(ネズミが一時的に近寄らなくなります)。ですが、それはあくまで一時的な効果であって、完全に駆除したとは言えません。

ネズミはとても学習能力が高く、成獣にもなると、通常の大人レベルの頭の良さ(大げさですが・・・)だと言われています。
いくら自分が嫌いな音が出ていたとしても、数日で慣れてしまい、まったく意味が無くなってしまいますので、もっと根本的な対策に出る必要があります。

ねずみはとても繁殖力が強く、おまけに頭の良い、しぶとい害獣です。
ねずみからの被害を予防するには、嫌な音で追い出すよりも、ねずみたちが住みづらい環境にすることの方が効果的です。

特に、餌の有無はねずみにとって生息できるかどうかの大きな要因なので食品の管理が重要なポイントです。

ねずみはとても胃袋が小さいので、一日に体重の約10分の1から4分の1程度の餌が必要になります。餌がなくなると冬場は1日、夏場は4日~5日で餓死します。なので、ねずみを寄せ付け棲みつかせる食べ物を放置しないようにしましょう。

ゴミ箱に生ごみを溜めない、食べ物の食べカスやペットの餌をそのまま放置しない、など気を付けましょう。家庭菜園もねずみの餌になってしまうので、もし発生してしまった場合や、被害が酷いときには中止したほうが良いでしょう。

上記のようなことに気をつければ、ここには食材がないぞ、と判断し、ねずみはそこには住みつきません。


どうしても自分だけでは手に負えない!!とお困りでしたら、弊社までご連絡ください。
調査・御見積もりを無料で行わせております。お気軽にどうぞ!



コバエのよく発生する場所

2012年03月15日 [記事URL]

コバエの悩みで一番多いのが、水周りの問題です。
個人宅様ではお風呂で悩んでいた方が多い傾向にありました。

コバエは基本的に汚れた水に集る習性をもっています。
つまり、コバエが発生している、ということは、現時点で不衛生な環境であることが言えます。
日頃から配水管の清掃を心がけましょう。
手軽に出来るコバエ対策としては、キッチンブリーチを配水管に入れ、洗い流す方法です。
ですが、キッチンブリーチは刺激が強いので、においもキツイです。あまりお勧めできません。

また、コバエ類は食品のニオイや、建物の灯り、熱などにも引き寄せられて飛んできます。
店舗や住宅が川辺の近くにありますと、夜間は特に外からの侵入が多くなりますので、窓やドアはできるだけ開放しないほうがいいでしょう。
網戸はなるべくメッシュの細かいものを取り付け、開けてたとしても、侵入しづらい環境にするのもポイントです。

建物の出入口付近など窓以外の侵入経路には、薬剤を蒸散する殺虫器を取り付けると、飛んで入ってくるコバエを駆除するので、コバエ侵入の防止対策になります。

まだまだコバエだけでも対策方法がありますが、次回紹介したいと思います。

上記色々紹介致しましたが、完全駆除をしたいのであれば、害虫駆除のプロである、弊社スタッフにお任せくださいませ!
調査・お見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせくださいませ!



ゴキブリ以外の害虫の駆除も行っていますか。

2012年02月21日 [記事URL]

はい、行っています。カ・ハエ・チョウバエ・アリ・ダニ・ネズミ等ほとんどの害虫の駆除ができますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



ビルや飲食店のネズミはいつ活動しますか?

2011年09月13日 [記事URL]

ネズミは夜間活動します。また周日リズムを持ち、特に日没後の1時間と日の出前の1時間が一番活発だと言われています。
従ってビルや飲食店の場合、消燈後1時間と朝一番早く出勤される方の店燈前1時間が要注意というわけです。



ネズミは何を好んで食べますか?

2011年09月13日 [記事URL]

ネズミは雑食性で人間の食べるものなら何でも食べます。その中でも穀類や種実を特に好んで食べます。



ネズミの侵入路はどうやって探し出しますか?

2011年09月13日 [記事URL]

事前調査によりラットサイン(ネズミの通った後の汚れ)を探し、大方の侵入路を見つけ出しますが、特に都市部で大量発生しているクマネズミの場合、伸縮自在で1cm程の穴があれば侵入可能と言われています。
そのため、事前調査だけで全て探し出すのは至難の業です。
そこで、当社では夜間捕獲を繰り返し、捕獲体の位置や向きでネズミの侵入路を見逃すことなく探し出します。



ネズミの害を教えてください。

2011年09月13日 [記事URL]

食中毒や感染症、寄生虫病などが考えられますが、特にサルモネラ菌による食中毒は深刻で、毎年数千名の患者が出ています。
また、ネズミの体に寄生しているダニやノミによる2次被害も大きな問題となります。



殺そ剤を食べたネズミはどこで死にますか?

2011年09月13日 [記事URL]

殺そ剤を食べたネズミは内出血を起こし、目が徐々に見えにくくなり、光を求め明るい所へ出て死ぬと言われています。
当社使用の殺そ剤は特に毒性を低く抑え、ネズミに自然死の形態をとらせます。
ネズミは死期が来ると水辺もしくは地中に行き、そこでひっそりと死ぬ習性があります。
しかしそれでもまれに店内の潜み場所で死ぬこともあります。
そこで、当社は2度の夜間捕獲でほとんどのネズミを捕獲してから、殺そ剤を使用します。




 1  2  3 


私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164

対応エリア

area_map_s.jpg
東京、神奈川、埼玉
千葉、山梨、静岡
栃木、茨城、群馬

ゴキブリ駆除一般家庭のお客様は神奈川県栃木県内に限らせて頂きます。