施工例 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 施工例

驚異!!飛ぶチャバネ

2012年06月05日 [記事URL]

伊豆のホテルでの出来事です。露天風呂の庭で作業をしていたところ、白い砂利の上にチャバネゴキブリを発見。条件反射で手に持っていたポンプのムカデ用の薬剤をかけようとした瞬間そいつは地面から垂直に飛んだのです。

チャバネは『飛ばない』のが定説になっているので飛んだ瞬間に「見間違いで別の虫か」と思いました。

ちょうど私の腰の辺りまで飛んできたので、とっさに手で捕まえました。手を開いてみると最初に見たとおりやはりチャバネでした。

チャバネの進化系か?とじっくり観察しましたが特別羽根が発達しているわけでもなく、どう見ても厨房などにいるごく普通のチャバネでした。

いじくりまわして弱ってしまったのか逃げるのに必死で力を使い切ってしまったのかその後はもう飛びませんでした。同行したスタッフのF君と会社のみんなに報告だ!でもみんな信じてくれないだろうな・・・・・

これまでも高い所から少~し滑空するのは何度か見たことはありますが、こんなに見事に羽ばたいて飛び上がる姿は初めて見ました。

外で生活し生き延びる為に進化したのかこいつらの生命力には脱帽です。人間は生活が快適になるすぎて体力が衰えているというのに(特に最近の子供達)地球上で最後に生き残るのはゴキブリだという説は納得です。自然の生命の尊さを垣間見た気がしました。



壁スキマ

2012年05月31日 [記事URL]

壁スキマ.jpg都内の駅ビル内の中華料理店の施工です。お店の仕込み前の早朝に入店します。

厨房に入るとゴキブリ特有のフェロモン臭が漂っています。まず、什器下のゴミを確認します。この時期は、什器下に溜まるゴミが一番の発生原因です。

このお店は、日々の清掃が行き届いておりゴミがほとんど無く厨房の環境衛生は良です。

その代りに厨房の壁面がかなり劣化しており、壁のスキマに生息発見!FCCコーキング剤を施工するとすぐに食べに来ました。(写真)

9時過ぎに店長様がいらっしゃいました。挨拶しますが、何処かでお目にかかった事があるような・・・・

施工後の説明をすると、今は閉店してしまった以前お取引のあった別のショッピングモール内のお店の店長様でした。どうりでお見かけした事があった筈です。

こちらのお店に配属なされたら、ゴキブリがいたのでFCCをご用命下さった様です。有難うございます。また、以前のお店と同様に責任を持って対応させていただきます。



洗浄機大量!

2012年04月26日 [記事URL]

洗浄機大量!.jpgゴキブリの生息箇所のランキングで必ず上位に入っている什器のひとつに洗浄機が挙げられます。

熱源であるモーター部が、四方八方を囲まれておりゴキブリにとって安心して巣をはれる環境のようです。

都内の中華料理屋さんの新規施工現場もご覧の様に大量に生息していました。(写真上)

厨房入口付近から既にゴキブリ特有のフェロモン臭が漂い、洗浄機モーター部のカバーを開けるとゾロゾロ出てきます。

仕事上色々な洗浄機と遭遇して来ましたが、どうやら大きく分けて2種類あるようです。

洗浄機大量!2.jpgブースターと呼ばれる洗浄時に使用する熱湯を作り出す機械が本体の横にある物とない物です。

ブースター付きの洗浄機は、本体のモーター部は割りと隙間があり施工も容易に出来ます。

それに比較して、ブースター無しの洗浄機のモーター部は、1固体に装備を凝縮しているせいか機器類が、所狭しと配置されていて隙間が殆ど無く、そのままですと奥の方が施工出来ません。洗浄機の手前は駆除出来ても奥の方に生息が残ってしまいます。

このお店の洗浄機は、後者のブースター無しです。このままですと奥の方までベイト剤が施工出来そうもないので取り外しても問題なさそうな機器をはずします。(写真下)

機器の中でも大きめのヒューズボックスが取り外せたので隅の方までくまなく施工出来ました。後は、はずした機器を元通りに戻して念の為に試運転します。

異常なしで洗浄機の施工終了です。FCCでは什器の隅々まで施工しゴキブリの生息残を許しません。



害虫予防

2012年04月24日 [記事URL]

害虫予防.jpg伊東にあるホテルの施工に伺いました。駅の近くにあり、温泉街の中心にありました。建物の横には小川が流れており、川沿いには木々が生い茂った、公園のような歩道が続いていました。建物の上層階からは、海と山が見渡せて、すばらしい環境が広がっていました。

建物の内部には、ゴキブリの発生はなく新しくきれいな施設があり、高級ホテルのような客室が広がっていました。入口から入って、すぐのフロアには広い待合ロビーがあり、バーラウンジがある、すばらしいたたずまいになっています。

ただ、周りに自然が多いために虫が寄ってくる環境が広がっていることが、従業員さまのお悩みでした。そこで、建物の外周周りに粉剤を使用して、写真のように撒いていきました。2日間の施工だったのですが、1日目に施工したのですが、2日目には効果が出ていることが確認が出来ました。なんと、粉剤に触れてワモンゴキブリが2匹仰向けになっていました。まだ、触れてから時間が経っていないのか、微かに動いていました。

この後、外周周りのマンホールを開けたところ、ワモンゴキブリの生息を発見です。目視でも、30匹程でした。ただ、この後にマンホール内は、オリジナルのコーキング剤も施工しましたので、1ヶ月後には生息ゼロです。ちなみに、ここに居たワモンゴキブリは、体長5~6cmのサイズでマンホール内にうごめいている姿は凄まじいものでした。クロゴキブリより、更に大きく動きも早いです。ですので、残念ながら映像はお見せできるものではありません。



割れ目です。

2012年04月10日 [記事URL]

割れ目です。.jpg先日、お伺いした店舗で確認した施工箇所で、左の映像のように厨房の壁面タイルの割れ目を確認したところ、巣になっていました。この店舗は、うどん屋さんで、ちょうどタイルの部分が茹で麺機裏で熱が籠って温かく、割れ目が溝になっている為、ゴキブリにとっては、ここちいい場所になっていました。

このタイルの溝は、ゴキブリのフンだらけになっていて、臭いもついているために、恰好の棲家といえるでしょう!そこで、タイルの隙間に細かく、FCCオリジナルコーキング剤を施工しました。すると、1ヶ月後には、タイルの隙間からゴキブリはいなくなりました。細かな部分のタイルの割れ目ですら、FCCでは見逃しません。2枚目の映像が、アフターの映像になります。

割れ目です。_2.jpgゴキブリは、ちょっとした隙間があれば、棲家として生活をします。表面上には見えなくても、夜遅く電気を点けてみると、什器の上をゴキブリがはっているのは、このタイル隙間など目に見えない場所に隠れているからです。細かい隙間には、殺虫剤が届かなかったり、溝に卵が残ってしまい、一時は減っていきますが時間が経つと、以前の状態に戻ってしまうのは、ここが原因です。FCCでは、巣に直接施工なので、必ず死滅させることが出来ます。

ゴキブリがいなくならなくて、お困りのお客様は、一度ご相談下さい。弊社、営業マンが無料でお見積りにお伺いします!!



チョウバエの発生

2012年04月05日 [記事URL]

だいぶ暖かくなってきました。昼間は日差しが強く、ちょっと暑く感じるときもありましたね。
そろそろゴキブリの発生の心配もありますが、飛来昆虫などの発生も心配です。

以前お伺いした現場では、チョウバエが発生しておりました(ゴキブリは0です)。

kobae.jpg
見ての通り、什器下から出てきたゴミです。
閉店後の清掃で流した水で、什器下に溜まってしまったようです。
掻き出した瞬間、ぶわ~っとチョウバエが飛翔しました。

チョウバエと言うのは、水場に卵を産み付けます。
だから厨房ですと、汚れの溜まった排水溝やグリストラップ、そして水で流された什器下のゴミが主な産卵場所になります。

ujimushi.jpg
ゴミと一緒に掻き出された、ウジの写真です。
これが、成長するとチョウバエとなります。
成虫の寿命は最長で2週間ほどですから、幼虫を駆除すれば2週間以内にいなくなります(勿論、進入してくる危険性はあります)。

一般的にお店で独自に出来る対策としましては、まず卵を産み付けられないように排水溝やグリストラップ、ゴミを徹底的に掃除して下さい。
その上で、これらの場所に薄めた次亜塩素酸系の漂白剤(100倍くらい)を流して下さい。
流した場所に生息している幼虫のほとんどは死んでいきます。
その後、成虫が寿命を迎えると生息が止むわけです。

チョウバエは随時進入してきていると考えても間違いではないので、定期的に上記作業を行うことをオススメします。
ただ、我々のような専門業者が入らなければ、駆除しきれない現場もあります。上記の作業でいなくならなければ、是非ご用命下さい。



厨房の食器洗浄機

2012年04月03日 [記事URL]

飲食店舗の什器でゴキブリの生息確認が多い機械のひとつに
食器洗浄機があります。
厨房の機器メーカーに言わせると「ゴキブリのいない洗浄機はない」そうです・・・。
私たちはそんな洗浄機もしっかり空け、内蔵モーターまでしっかり施工いたします。
もちろんゴキブリもいなくなります!!
「最近洗浄機が何かくさいな・・・」
「厨房に入ると洗浄機の周りにゴキブリが!・・・・」
そんなときは黄色信号です!
お気軽にご連絡を下さい。!!

厨房の食器洗浄機_1.jpg

厨房の食器洗浄機_2.jpg



座敷の隙間

2012年03月29日 [記事URL]

座敷の隙間.jpg神奈川県西部のダイニングキッチンの現場の状況です。
お客様より座敷でゴキブリを見かけるとご連絡があり点検に伺いました。

数人の人数をかけて隅々まで調査しましたが発見出来ませんでした。
後日、確認の連絡を入れたところ、まだ同じ場所の座敷の座布団の下に出没している模様。再度、点検に伺いお客様にご指摘された座布団をめくってみると、いました!
座布団の近くの座敷の床と壁の接点に数ミリの隙間があり、そこから2、3匹出入りしていました。

ほんの僅かな隙間なので余程、目を凝らさないと発見出来ません。前回の作業では見落としていました。お客様からの情報提供のおかげで発見出来ました。お客様とのコミュニケーションも大切だと実感しました。早速、施工要注意ポイントに加えたいと思います。



一つ一つ確実に

2012年03月13日 [記事URL]

近頃暖かくなってきた・・・、と思ったら再び冷え込む。

温度差が激しい今日この頃、風邪にはご注意下さい。

一つ一つ確実に.jpg

ある什器の下の写真です。

一見するとゴキブリがいないように思えますが、パイプを持ち上げたり、接続部の隙間を除いたりすると、幼虫中心にわらわらと・・・

ゴキブリは私達から逃れようと 物陰へ隙間へと隠れます。

それを私達が見破る。ゴキブリとの戦いですよね。

こうした生息地点を見逃してしまうと、幼虫が成虫へ、そして卵1つから30~40匹・・・。

考えるだけで、ゾッとします。

だから、私達は一つ一つの巣を見逃さない為、細心の注意を払って作業を行っております。

よし、今日も頑張るぞヽ(´▽`)/



古くなったFCCコーキング剤

2012年03月09日 [記事URL]

古くなったコーキング剤.jpg
更新施工というと施工から1年経た効果の無くなったFCCコーキングを剥がして新しくコーキング剤を塗り直す作業のことです。

これが(写真)剥がした後の効果のなくなったコーキング剤です。1年間、ゴキブリ「ゼロ」に保ってくれてありがとう、ご苦労様です。

コーキング剤にはゴキブリの好む自然素材が含まれており、駆除効果のなくなったまま放置しておくと必ずゴキブリの巣になってしまいます。故にゴキブリのいる、いないに関わらず古い物を除去して新しいコーキング剤を施工する更新作業は重要なのです。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8 


私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164