チョウバエの発生 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 施工例 > チョウバエの発生

チョウバエの発生

2012年04月05日

だいぶ暖かくなってきました。昼間は日差しが強く、ちょっと暑く感じるときもありましたね。
そろそろゴキブリの発生の心配もありますが、飛来昆虫などの発生も心配です。

以前お伺いした現場では、チョウバエが発生しておりました(ゴキブリは0です)。

kobae.jpg
見ての通り、什器下から出てきたゴミです。
閉店後の清掃で流した水で、什器下に溜まってしまったようです。
掻き出した瞬間、ぶわ~っとチョウバエが飛翔しました。

チョウバエと言うのは、水場に卵を産み付けます。
だから厨房ですと、汚れの溜まった排水溝やグリストラップ、そして水で流された什器下のゴミが主な産卵場所になります。

ujimushi.jpg
ゴミと一緒に掻き出された、ウジの写真です。
これが、成長するとチョウバエとなります。
成虫の寿命は最長で2週間ほどですから、幼虫を駆除すれば2週間以内にいなくなります(勿論、進入してくる危険性はあります)。

一般的にお店で独自に出来る対策としましては、まず卵を産み付けられないように排水溝やグリストラップ、ゴミを徹底的に掃除して下さい。
その上で、これらの場所に薄めた次亜塩素酸系の漂白剤(100倍くらい)を流して下さい。
流した場所に生息している幼虫のほとんどは死んでいきます。
その後、成虫が寿命を迎えると生息が止むわけです。

チョウバエは随時進入してきていると考えても間違いではないので、定期的に上記作業を行うことをオススメします。
ただ、我々のような専門業者が入らなければ、駆除しきれない現場もあります。上記の作業でいなくならなければ、是非ご用命下さい。



私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事




PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164