FCC Ratsystem - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 施工例 > FCC Ratsystem

FCC Ratsystem

2012年02月14日

寒い時期になるとお客様からネズミに対してご不安の声を聞く事が増えます。

冬は暖を求め、屋内に侵入しやすくなります。
ネズミは縄張りを作るので基本的には決まった1グループが屋内に生息する事が多いです。もし主に侵入しているネズミを捕獲してもまた新なグループが侵入してしまいます。

そこで重要なのが、「いかにネズミの侵入口を防ぐ事!」です。

どこからともなく現れるネズミですが、必ずどこからか侵入しています。もしかしたら鋭い前歯で新たな穴を開けて侵入してきているのかもしれません。

FCCはむやみにネズミを駆除するのではなく、いかに侵入させないかを重視し、
「ネズミの生息が無い状態+侵入できない状態!」にします。
今回はその為の防鼠(侵入口を塞ぐ作業)について例をご紹介します。

======================
1. 隙間を埋める!
======================

多い事例が何かの都合で空けた穴に隙間が出来てしまうパターンです。
ネズミは頭が通る穴なら体も通るので、ガス管等を通した穴の隙間でも多少広がっていれば充分に侵入してしまいます。そこで画像の様に金網とパテを使用して防鼠します。

「1.隙間を埋める」の画像.jpg

ネズミは押す力は弱く、引く力が非常に強いので、金網はくい状にする事によってしっかりと穴に引っかからせて抜けにくくします。さらに周りを忌避効果のあるパテで固めます。このパテはなんと辛み成分が錬りこまれています!これで隙間の防鼠はほぼ破られる事はありません。

======================
2. 大きな穴を埋める!
======================

最近は居抜きの物件をリフォームなどでキレイにする事で新規オープンするお店も多いですが、建物自体の老朽化はなかなか防げません。

「2.大きな穴を埋める」の画像候補その2.jpg

画像は流し台の下の壁が、木材の地の部分まで破れて外の景色が見えている図です。什器の下などは意外と覗かないので盲点になりやすいです。
こういった大きな箇所は鉄板を用います。その際水気を防ぐ為にシリコンを周りに塗り、さらに万が一触って指等を切らない様に鉄板の角などは全て丸みを帯びる様にカットします。これで長く維持出来る上に安全です。

今回紹介したやり方はごく一部ですが、ネズミの生態を知った上でしっかりと防鼠する事で防鼠箇所は長持ちします。

他にも様々な箇所にあわせた素材・技術で防鼠を行います。
また次回ご機会ありましたらご紹介致します。



私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事




PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164