導入事例 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 導入事例

中途半端な施工をすると・・・

2013年09月10日 [記事URL]

9月に入り、大分気候も和らいできたなと感じる今日この頃。

むしろ、明け方なんかは肌寒いと感じる日もあるくらいです。

この分だと、今年は寒くなるのも早いのですかね?

さて、今回お伺いしたお店は、いつもと違う感じの生息の仕方でした。

20130910.jpg熱源周りに少々生息、木の棚の割れ目に少々生息・・・

ウン、殆どいないな~

後は上の棚だけだ~。

見づらい箇所があるな~と棚と壁に囲まれたデッドスペース発見!


20130910_2.jpg覗いてみると・・・

うおっ、すごい糞です。

よ~く見ると、隙間にかなりの数のゴキブリが・・・

前に入っていた業者が、手の届く位置だけ施工していたようです。


上部には殆ど薬剤が付いていなかったので、付いてる下側だけゴキブリの生息が減って、付いていない上部に大量に生息を残してしまったようです。

このように『危ない』場所だけしっかり施工しても、『普段生息していることが少ない』場所をしっかり施工しないと、いつまで経っても生息はなくなりません。

つまりは、中途半端な施工は厳禁と言う事です。



きれいなのに...

2013年07月25日 [記事URL]

きれいなのに....jpg先日、イベントホールの施工に伺いました。以前から施工をしていただいているのですが、1か所やっていなかった、和食厨房をやらせていただきました。中華・洋食厨房及び洗浄室など、いろいろな水周り箇所の施工しているのですが、和食厨房だけは、たまに他の箇所の点検と合わせて、拝見させていただいている程度でした。今回、初めて施工にはいらせていただいて、すごくきれいでまとまりのある厨房環境だと感じました。

このような環境の厨房では、クロゴキブリの偶発的侵入はあってもチャバネゴキブリが生息しているとは、予想がつかないほど、きれいな環境になっており、清掃も行き届いていました。施工を開始してから、什器下などを除きながら進めていくと、やはり予想通り生息は発見できませんでした。厨房外部の施工を進めていき、終盤に差し掛かって、中洲の流し台を裏から覗いてみると、何かが動く影が見えました。あのチョロチョロと見える毛のようなものは、チャバネゴキブリの触覚ではないかな?ライトを当てて、よく目を凝らして見ると、裏の配管カバーに3匹のゴキブリがいるではありませんか!

しかも、1匹は卵持ちです。これはダメだと、すぐにゴキブリを殺して薬剤を塗布しました。卵持ちなら、尚更繁殖されては困りますからね。でも、殺さなくても弊社のコーキング剤を塗布しておけば、ゴキブリ自ら食べに行ってくれるのですが、心配性な私は殺せるならころしてしまおうと退治です。コーキング剤もついているので、二重安心です。本当に驚きですよね。全体を細かく施工しながら、きれいで清潔な環境だと思っても、ゴキブリにとっては、住みやすい恰好の場所があったということです。お湯が通るパイプカバーに生息していて、水けと暖かいカバーの隙間を見つけて生息していました。

早期発見だったので、今回のコーキング剤の塗布によって、繁殖する前に駆除が出来たわけです。きれいにすることは、不快害虫を発生させない1番の施工方法なのですが、生き物習性は、計り知れな現実があります。どんな環境でも、油断は禁物です。今回のように、きれいにしているのに発生があるのは、なぜなのだろうとお考えの方がいらっしゃいましたら、1度ご相談下さい。FCCが、責任を持って対応致します。



ネズミからゴキブリ

2013年06月25日 [記事URL]

ネズミからゴキブリ.jpg以前、ネズミ駆除のご契約をいただいていたお客様より、ゴキブリ駆除のご依頼がありました。

ネズミ駆除は苦戦しつつも完全駆除し、その後は残念ながらご更新の契約はいただけず疎遠になっていました。

当時のネズミ駆除の作業で、粘着マットを設置していたのですが、そのマットにゴキブリが結構付着していたのを覚えています。

今回は、再びご契約をいただき感謝しております。作業に入るとゴキブリは、以前に増して増殖していました。

そこで、弊社の必殺アイテムのオリジナルコーキング剤を施工すると、写真のようにゴキブリ達は美味しそうに食べに来ていました。

ネズミ同様にゴキブリも必ず、完全駆除致します!



急に増える?

2013年06月11日 [記事URL]

漸く夏と感じられるようになってきたと思う今日この頃。

寒い時期に減ったと思っていたゴキブリがわっと出てきて大変な思いをしている方もいるのではないでしょうか?

急に増える?.JPG

急にゴキブリが増えた?

いえいえ、それは多分冬の間にも減った訳ではなく、暖かい場所で越冬していただけだと思いますよ。

(まぁ、勿論急激に増える事もあるので断定は出来ませんが・・・)

写真の様に、何か物を除けた裏にひっそりといる事がよくあります。

そんな状況だと・・・、冬を越して、繁殖に適した季節になれば去年より更に増えて皆様の前に出てくることも。

いつも暖かい季節になると急激に増えると感じているお客様!

しっかりと裏の裏まで根絶しないと、いつまで経っても堂々巡りです。

一度、しっかりとした調査をお勧めします。



クロゴキブリ2

2013年06月06日 [記事URL]

クロゴキブリ2.jpg前回、クロゴキブリ1では、カレー店の飲食店についてご紹介しました。今回は、一般のご家庭で発見した生息場所をご紹介します。あるご家庭に、新規で施工に伺った時に発見した意外な生息場所です。よくご家庭では、キッチン周りや脱衣所などの水周り、部屋の窓際で見かけることが主にだと思います。しかし、実際に飛来昆虫ですので、外部から侵入してきているのですが、玄関や窓から入り込んできます。または、どこかに隙間があり外部と繋がっている場合です。

外部から侵入してきても、実際に家屋内に巣を造ることは、あまりなく偶発的に侵入してきたものを、たまたま見かけていることが、ほとんどです。ただ、今回のお宅では家の中に生息していた場所を発見です。画像を見ていただくと、箱のようなものにクロゴキブリの子供が生息しています。この箱は、下駄箱の中に入っていた靴箱の映像です。フンまみれで、死骸も入っていました。長い間、生息していたようです。ここで問題は、なぜ生息をしていたかと言うと、玄関近くであったこともそうなんですが、空の靴箱が入っていたことが原因です。まず、紙の素材のものだった点と不要な空箱を入れていたことが問題です。

クロゴキブリ2_2.jpg2枚目の映像も靴箱の映像になりますが、死骸だらけになっていました。まず、対策としては不要な空箱は取っておかない。このことは、靴箱以外にも言えることなのですが、家の中で使ってない不要なものは取っておかずに捨てていただくことを、ご提案します。ゴキブリの住みにくい環境を作っていただくことは、店舗様でも一般のご家庭でも一緒です。引き出しや収納の中に荷物を押し込んではいませんか?ご注意ください。ゴキブリの住処になってしまいます。



排水口

2013年06月04日 [記事URL]

排水口.jpg例年より早く、関東地方も先日梅雨入りしたそうです。高温多湿は、ゴキブリにとって最も繁殖し易い条件です。
これからのシーズンは、FCCは繁忙期です。
都内の居酒屋さんの新規施工です。ゴキブリの巣を発見するため、厨房内のコールドテーブルを移動すると排水用の配管が現れました。
コールドテーブルのドレン水が流れ込むこの配管は、さほど水流がないのでゴキブリの巣になり易い場所です。
写真にあるように、中に沢山の生息が見受けられました。まわりにゴミもありましたので、ゴキブリの住みやすい環境がそろっていました。
生息原因になっているゴミを取り除いてから、FCCオリジナルコーキング剤を施工します。
ゴミがなくなれば、よりコーキング剤を食べに集まって来ます。
これがFCCSystemです。お店も清潔になり、ゴキブリもいなくなります。



什器脚高さ調整部

2013年05月30日 [記事URL]

什器脚高さ調整部.jpg店内に背の低いステンレス製の台がありました。引っくり返してみると、脚の高さ調整の部分に隙間がありました(写真)。

この部分はネジが切ってあり、回転させることによって高さを微調整できます。

しかし、本体脚との間に隙間が生じ、非常にゴキブリの巣になり易い場所なのです。この部分も漏れなくFCCコーキング剤を施工しました。我々FCCは、什器のパーツの一つひとつの特徴に注意し、ゴキブリの生態を配慮して施工して参ります。



クロゴキブリ1

2013年05月16日 [記事URL]

クロゴキブリ1.jpg先日、インドカレーのお店に施工へお伺いしました。営業から事前情報で、お客様が店外からクロゴキブリが侵入してきて困っていること聞いていました。当日は、お店の本社担当者の方とお待ち合わせだったのですが、話を聞いてみると予想以上に侵入してきていて、厨房などにも頻繁に出てきている様子でした。施工準備をして、いざ厨房から施工をスタートさせました。床面や什器を確認すると、カレー店にしては、衛生面が行き届いていて、きれいにされていました。

しかし、その考えは最初の施工開始時だけでした。什器下には、お持ち帰り用の容器や紙ゴミ、ビニールゴミ、更にはジャガイモといろいろなゴミが出てきました。そして、一緒にクロゴキブリも発見です。最初は、幼虫を見つけたのですが、ゴミを搔き出すと親から成長途中のものまで、大小様々を見ることになりました。これは、「外部からの侵入じゃなくて、完璧厨房内に生息してるじゃないか~!」という状態でした。もともとは、外部侵入をしてきているのは確実なのですが、このお店の厨房が住み心地が良かったのでしょう。

ナンを焼く窯があり、一日中熱を帯びているので暖かく外に生息しているより断然暖かく、普段から春先の外の環境と同じ状態だったのです。更に、この厨房内には木の素材の棚があり、壁に密接に面していました。それから、食材のジャガイモや玉ねぎもダンボールで保管されているために、そのダンボールの中にも生息していました。クロゴキブリやヤマトゴキブリなどの大型種は、本来外部から偶発的に侵入することが主なのですが、このような好む環境があると屋内に生息場所を作ってしまします。普段の環境1つで、ゴキブリの住みやす環境になってしまいますので、室内環境には十分に注意しましょう。



壁の裏

2013年05月14日 [記事URL]

壁の裏.jpg施工で必ずやらなければならないことは、什器下のゴミの掻き出しや熱源の施工はあたりまえなのですが、もう1つ大事なことは、動く什器を動かして裏の壁面に施工を行うことです。ここを逃してしまうと、ゴキブリの生息を完全になくすことが出来ません。しっかりと、動かせるものは動かすことが大切なんです。 映像にもありますが、少しでも動かせるならばずらして施工を行います。飲食店であれば、棚の什器やコールドテーブルなどです。一般家庭であれば、冷蔵庫の裏や食器棚の裏を施工します。密接した空間は、暗がりで熱がこもって、人目につかないので、ゴキブリには格好の生息場所なのです。普段から小まめに、什器を動かして裏を清掃することが望ましいです。 同じ場所に固定され続けている場所があれば、動かしてあげることをお薦めします。ゴキブリが出ていれば、尚更です。私達は、常に見えない場所のゴキブリを発見し続けます。



トイレ

2013年05月07日 [記事URL]

トイレ.jpg焼肉店のお客様より、男子トイレにゴキブリが出ているとご連絡がありました。
早速、出向いて小便器上部のカバーを外してみると確かに生息がありました。
内部の水流を制御しているユニットの部分が、ちょっとした巣になっていました。
ご覧の通り200Vの表示があり、感電の危険があるので慎重にFCCコーキング剤を施工しました。
上部のカバーが外せる事をこの時、初めて知り勉強になりました。新たに施工重要ポイントに加えます。




 1  2  3  4  5 


私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164

対応エリア

area_map_s.jpg
東京、神奈川、埼玉
千葉、山梨、静岡
栃木、茨城、群馬

ゴキブリ駆除一般家庭のお客様は神奈川県栃木県内に限らせて頂きます。