施工員ブログ - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 施工員ブログ

鼠時季です。

2016年01月12日 [記事URL]

鼠時季です。

例年になく気温が高く温暖化の影響が出ていますね。
ゴキブリは、寒い季節はモーターなどの熱源に集まりやすくなります。
鼠も寒くなると、暖かい建物の中に侵入してきます。
ビルの建て壊しや道路の舗装で改修工事を行っていると、そこに住みついていた鼠が棲家を求めて移動してきます。
建物に入ってきて、室内環境が住みやすいと中に棲家を築いて住みつきます。
また、建物の中に入ってきても外壁と室内の隙間や天井裏などまでの場合もありますが、
少しでも室内の壁に穴があると室内に侵入してきます。

上の写真のように、上部や壁面に穴を開けて、もしくは破損している箇所から侵入してきます。
マットの設置、回収を行い鼠の侵入路を確定して穴を塞ぎます。
鼠は、内部に入ってきて食べ物や外敵から身を守れる棲家があれば室内に居座ってしまいます。
まずは、侵入をなくすこともそうですが、入ってきても住めないという意識を植え付けることも大事です。
まずは、鼠の住みづらい環境を皆様とともに築いていければと思います。
鼠でお困りの場合は、是非一度ご相談下さい。



新年のご挨拶

2016年01月05日 [記事URL]

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。


ここで少々、害虫駆除の歴史について語らせて頂きます。
害虫駆除のルーツは、戦時中のアメリカ軍から始まったと言われております。南方の戦線で兵士が蚊等の虫に刺されて敵と戦う前にやられてしまう。これでは、困るという事で兵舎の害虫駆除が始まりました。

日本でも戦後の生活環境の様式から、主にハエや蚊の駆除からスタートしました。その後の生活様式の変化や、建物の近代化で害虫の生態系も変化しました。隙間だらけの木造家屋から上下水道の整備されたコンクリート等の空調の整った密閉された空間へ。それに伴い、害虫駆除の対象もハエ、蚊、黒ゴキブリから、主にチョウバエやチャバネゴキブリへと変化しました。
特にチャバネゴキブリは、人間が快適と感じる環境(温度帯)とほぼ等しい為、勢力を拡大してきました。近代化が産んだ害虫と云えます。
絶滅危惧種の生物が年々増えている中で、地球に人間が誕生する遥か昔から生存し、永きに渡る環境の変化に、したたかに適応してきました。

これに対し知恵をふり絞り、皆様のより良い環境と安全を守る為、弊社一同尽力して参ります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。



本年も有難うございました。

2015年12月29日 [記事URL]

お疲れさまです。
年越しの準備はお済みでしょうか。
皆様は、仕事でご多忙と思います、恐れ入ります。
私達も施行の追い込みに入りました、早朝から夜分まで施工にお伺いしております。
今年は施工に業務に皆様に大変ご迷惑をおかけしました。
本年は更新施工、メンテナンス等の遅れがありましたことを深くお詫び申し上げます。


私達は施工やスケジュール対し、お客様へのご連絡を1年を通し改善して参りましが、まだまだ、私どもに不手際があり、ご鞭撻を頂くことが多くありまた。
日々、お客様の言葉を頂き改善し実践していくこと使命でもありました。
来年こそ、お客様に信頼を頂けるよう、日々務めて参ります。
本年も有難うございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




『トコジラミ・・・、その侵入経路は?』

2015年12月22日 [記事URL]

もうすぐクリスマスですね。年末も近くなり寒さも増す中、風邪等にお気を付け下さい。


今回はトコジラミ駆除に個人のお宅にお伺いしました。

御部屋に案内してもらうと・・・、部屋中に生息がありました。近年、問題視されているトコジラミと言う害虫ですが、個人のお宅にはどの様にして侵入してくると思いますか?

基本的にご家庭でよく見かけるクロゴキブリの様な飛来昆虫とは異なり、トコジラミは人間や物について部屋内に持ち込まれます。

その為、トコジラミが発生しやすい施設の利用している時に衣服やカバン等に忍び込み持ち帰ってしまう事があります。主には不特定多数の利用者がいる施設であるホテルや健康センター、近年ではネットカフェ等様々な施設での発生がよく聞かれます。特に海外からの旅行者から持ち込まれるケースが多くあります。

しかし、今回のお客様は発生前にそういった施設を利用しておらず、自ら持ち込んだ可能性は低そうでした。可能性としては発生の原因となっていたベットが海外製でしたので、そういった物についてきた事も考えられます。

正直、流通の盛んな今、侵入をされてしまう事は可能性として誰でも考えられます。入り込んでしまえば自分達で駆除する事の難しい害虫でもありますので、頻繁な虫刺され等、被害がございましたら調査だけでも依頼してみては如何でしょうか?



床の剥がれ

2015年12月15日 [記事URL]

床の剥がれ

今回は、細かい場所の施工について、ご紹介致します。映像をみていただくと、
床が劣化して防水が剥がれてしまい、コンクリートも陥没している状態です。
その剥がれた部分に、良く見るとゴキブリの生息があります。ゴキブリの生態は、
細かい隙間を好んで生息しますので、木や落ちている紙屑の隙間などに生息して
います。

そして、ドライな厨房の床の腐食して劣化した隙間に隠れて生息していました。その
隙間を埋めるためにも、隙間に施工を行います。店内の隙間という隙間を見つけて
ゴキブリのいない環境を築いていくためにも、日々研究と検証です。これからも、生息場所をお伝えして参ります。



間接照明

2015年12月08日 [記事URL]

内田 006.jpg内田 007.jpg


都内の焼肉店の作業です。カウンター厨房内に少しゴキブリの生息がありました。巣を中々特定できません。
壁面にパネルで覆われた間接照明がありました。ちょっと気になります。見た目はパネルは、動かせないように見えましたが、注意深く観察すると上に持ち上げて外せそうです。
パネルは金属製で少し重かったのですが、何とか外せました。
今までは、パネルの外側から手の届く範囲で薬剤を施工してありましたが、パネルを外して中の構造を見ると物足りなさを感じました。
蛍光灯の周辺の壁面にはギザギザ凹凸があり隙間がありました。その隙間からゴキブリが出てきます。巣を発見です。
弊社ではこの様に、『ここまでやるか❗』というところまで踏み込んで巣を探しだし、ピンポイントで適切な処理をして確実にゴキブリを駆除致します。



チャバネゴキブリ

2015年12月01日 [記事URL]

今回は夜勤対応のお寿司屋さんへお伺いしました。

お客様へご挨拶をし、早速ではありますが店舗内を確認させて頂きました。
目見当ではありますがチャバネゴキブリが生息がありません。
どうしたのでしょうか?隠れてますね。
どうやら、什器や棚の箱類を移動させ施工をしないと見当たらない状況でした。

そして、施工を始めるとチャバネゴキブリが
いるわいるわ
コールドテーブルのモーターの中や木の棚、什器の隙間にいるではありませんか。
今回は時間をかけ施工をいたしました。
しっかりとコーキング剤を塗布しましたので1ヵ月後は期待が出来そうです。 12.1施工員ブログ1.jpg12.1施工員ブログ2.jpg12.1施工員ブログ3.jpg12.1施工員ブログ4.jpg12.1施工員ブログ5.jpg



侵入路

2015年11月24日 [記事URL]

施工員ブログの件

『侵入路』

いよいよ、本格的に寒くなってきてコートの離せない季節になってまいりました。

それでも、ゴキブリは居心地の良い場所を見つけて生息します。

今回のお店では、クロゴキブリの侵入が頻繁にあるという事でお伺いしました。

厨房では見かけず、事務所で毎回見かけるという事で、見ていくと・・・

床と壁の設置面に隙間が出来ており壁の中に繋がっておりました。

外部から床下を経由して侵入していたのだと思います。侵入口や壁の中に施工させて頂きました。

寒くなるという事はゴキブリも外気では生活が出来なくなってきますので、こうした侵入が増えてきます。

皆様の周りは如何ですか?



少しの隙間

2015年11月17日 [記事URL]

少しの隙間

この頃、朝夜冷え込むようになりましたね。寒くなり、建物から出るのも嫌ですよね。また、温かく着込むようになってきますよね。
それは、ゴキブリも一緒で外が寒いと枯れ草や落ち葉の下、植木の下に隠れています。更には、家の中に侵入してくる可能性があります。
ゴキブリだって生き物ですから、人間と同じように考えて動きます。だから、寒い冬は生活しずらいのです。だから、暖かく温度が保たれた屋内に入って寒さを凌ぎます。
この頃、家でゴキブリを見掛けた方は、この辺りが関係しているかもしれません。だから、安心して下さい。偶発的なものなのです。
しばらくすれば見掛けなくなります。それでも、見掛けたら一度ご相談下さい。映像のように、入口の僅かな隙間も簡単に入ってくるので、ご注意して下さい。



追跡

2015年11月10日 [記事URL]

画像 017.jpg画像 018.jpg

都内のステーキレストランでネズミ目撃のご連絡があり、捕獲の為、粘着マットの設置に伺いました。
閉店後の暗い店内に入ると、いきなり子ネズミに遭遇しました。追跡するとレジの辺りで姿を見失いました。通常は厨房メインでマットを設置しますが、今回はレジ周りにも設置しました。
翌朝にマットの回収に伺うと狙い通り、レジ前で捕獲がありました。昨晩見失ったヤツだと思われます。他にも厨房の入口でも捕獲がありました。捕獲体勢が厨房に向かってだったので、フロアー側に侵入経路がありそうです。
レジ周りをくまなく調査してみます。有線のチューナーや電話、パソコン等の電気機器の配線の行き先を調べます。
これらの配線は、レジ脇の柱へ通じていました。配線を通す為の開口部が広すぎます。ネズミが通り放題です。案の定、写真の通り配線に黒ずんだラットサインがありました。
レジの棚の裏で手がギリギリ入りましたので、何とか防鼠出来ました。
ネズミの侵入経路の特定は、なかなか困難です。今回は、たまたまネズミの遭遇があり、追跡によって特定出来ました。
今後は、今回の経験からレジ周りも要注意箇所として認識致します。




《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164