コールドテーブル裏 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 施工員ブログ > コールドテーブル裏

コールドテーブル裏

2013年12月26日

厨房から、いつものように施工を開始したのですが、ゴキブリは見当たらず、ベイト施工を進めていました。すると、ゴミの中に気配を感じゴミをどけてみると姿を発見です。早速、更に細かい施工方法に切り替えて、行っていきました。

最後の方で、コールドテーブルの施工に差し掛かった時に、ドアを開けてみると、扉のヒンジにゴキブリの姿がありました。最初から、気にはなっていたのですが...いざ取り掛かってみると、コーキング材で壁に固定されており、引き出せません。仕方なく周りを薬剤で取り囲んで施工をしているときです。

コールドテーブルの壁面下側に、薬剤を付けているとコールドテーブルと壁の隙間から、薬剤の匂いを感じて、食べに出てきました。これは、やばいなと思って覗いてみるとおぞましい光景が、壁面に見えるではありませんか!このままでは、とんでもないことになると思い、そのコーキング材をはずして引き出すことにしました。

ずらしてみると、更に凄まじい光景が待っていました。1枚目の写真は上から撮影したもので、2枚目は、コールドテーブルの裏に回り込んだときに、撮影した映像です。見てみると、ゴキブリの死骸が山ほど積み重なり、フンも壁面やコールドテーブルのモーター裏にびっしりです。

また、驚くことに、死骸の上でゴキブリたちは生息をしていました。だから、この写真のように積み重なっていくのだと思います。あまり想像はしたくないですが、佃煮の瓶詰が何個もできるほどの量が塵取りで何回も取れました。ここまで、壁面に付いていることは私達でも滅多にお目にかかれません。

ただ、きれいに皮すきを使い、死骸もフンも取り除きました。3枚目の写真のようにはぎ落して、あとはいつも通りに施工をするだけです。終わった後は、コールドテーブルを元の位置に戻して拭き作業を行いました。すべては元通りになりました。ただ、コーキング材はお客様に内容を伝えて、危険性を報告です。

お客様も、本当はコールドテーブルの裏の壁が気になっていたようです。お客様の喜びを感じれて、私達もうれしい限りです。ゴキブリが出るようになったときは、コールドテーブルのコーキング材には、お気を付けください。



私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事




PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164