【コバエ駆除】施工方法 - 害虫駆除.com

お問い合わせ

HOME > 【コバエ駆除】施工方法

コバエ駆除施工方法FCC Moth Fly System

コバエの駆除方法には、成虫対策と幼虫対策があります。
まず初回は成虫対策を実施します。捕獲・殺虫剤による処置をし、飛来している成虫の駆除をします。
その後、コバエの発生しない状況を維持する為に継続して幼虫対策を実施します。
コバエの発生源は浄化槽や排水溝、排水施設の汚泥、水気の残った箇所になります。
環境改善と併行して年間を通してコバエのいない環境を確実に構築します。

成虫対策

①調理場など
・殺虫剤の中でも駆除効果が高く、安全で環境に優しいと言われているエトフェンプロックス乳剤を局所的に散布します。


・成虫の活動が目立つ壁面の床から30cm~50cmに限定して、残効性の高いマイクロカプセル剤(MC剤)を残留噴霧します。
※MC剤:噴霧した場所を害虫が通貨するとカプセルが割れ、効果を発揮する薬剤。


②客席スペース
・殺虫剤で一番安全で環境に優しいと言われているエトフェンプロックス乳剤を局所的に散布します。
・30cm~50cmの位置に成虫を捕殺するFCCムシポン(捕虫器)をレンタルにて1週間設置いたします。




③浄化槽内
・少量のフェニトロチオン乳剤を自動噴霧で広域に噴霧します。
・マンホールの蓋に樹脂蒸散剤を設置します。

幼虫対策

FCC Moth Fly Systemは幼虫対策に重点をおき、成虫になる前に未然に防ぐ防除システムを採用します。 その為、コバエの幼虫が生息しやすい側溝の壁面、側溝の蓋裏、排水溝のヌメリ、ドレンパンの底などに付着したスカム(汚泥)の管理をします。

①調理場など
・環境負荷が最も少なく、人体に対して安全性の高いIGR剤(成長抑制ホルモン剤)を排水溝壁面、排水溝カバー裏、水溜り、グリーストラップに散布します。
※IGR剤とは...コバエの変態を阻害して成虫になるのを防ぐ効果がある薬剤です。神経独として作用する殺虫剤とは異なり、哺乳動物、魚などに対しては毒性が低く、安全性を考慮しております。
残留噴霧:IGR剤
②浄化槽内
・環境負荷が最も少ないIGR剤(成長ホルモン剤)を浄化槽内の壁面に広く届く様に、高密度噴霧器を用いて噴霧します。


環境改善提案


コバエが繁殖しない環境を維持する為のご提案をさせて頂きます。

①浄化槽内の定期バキュームの提案
②調理場・施設の清掃方法
 1)グリーストラップの清掃
 2)排水溝の清掃
 3)什器下のゴミやスカムの除去
 4)什器の清掃
 5)ゴミ箱の清掃
③上記清掃後の熱湯処理
④食材の保管方法のご提案
⑤ゴミの保管方法
⑥異臭防止の方法
⑦侵入路対策



私たちが選ばれる理由
FCCが選ばれる理由

絶対的な技術力。害虫を必ずいなくさせてきた実績からの評価・評判があります。それには裏づけされた社内訓練体制により、日々技術を磨く精進をしています。FCCは害虫を確実に駆除できる会社です。

そして万が一の時でのアフターフォローでの安心感をもっていただいています。一年間の完全保守管理契約を交わさせて頂き、契約期間中は全て責任をもって対処しています。万が一でもスピディーな対応が当社の特長です。

お客さま満足の向上の意味に於いては、月1度アンケート調査を実施させていただき、悪い部分の改善を図り、お客様目線での最善のサービスの実現を目指しています。並行して社員の人間力向上のための研修も繰り返し行っています。

月に1度全てのお客様に向けてニュースレター「FCCニュース」を発行し、また週に1度メールマガジンを配信し、衛生に関する有益な情報提供も実施しております。

専門家FCCシステム

目標は一度お取引いただいた方に永遠のお客様になっていただくことです。安心して長くお取引いただいてける様に今後も努めて参ります。

社長より挨拶
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メニュー
施工員ブログ
カテゴリー
会社概要

株式会社FCC
株式会社FCC

住所:〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32

電話:0466-31-3164